2018年4月 3日 (火)

セカンドの洗浄

20180403001使い込まれたセカンドの内部

マウスピースにホースを突っ込んで内部まで流水でしっかり洗浄しましょう。

この時に一つだけ注意する点はパージボタンを押さないこと。

パージボタンを押すと気道が開きますので水が逆流し、1st内部に水が入る恐れがあります。

2018年3月31日 (土)

アクアラング レジェンド

今日も朝からオーバーホールです。
暖かくなって朝の作業がしやすくなりました。

さて、今日の写真はアクアラングのレジェンド1stです。

...

アクアラングの1stがちょっとファニーな顔に見えるのは、業界ではあまりにも有名な話ですが、今回はプラグの組み合わせによって色々とまた表情が変わるって楽しめる件に関して。

写真1枚目はおとぼけ風
2枚目は、パンチドランカー風
3枚目はひょっとこ風
4枚目はロボット三等兵風

HPポートが少しずれた位置にあるのが、いい味を生み出しているんですね~。

さて、遊んでないで急いでたまったオーバーホールをしましょう。。。

ダイビング器材オーバーホールのことなら
ブルーワールドへ
http://blueworld.moe-nifty.com/blue_worl…/maintenance02.html

Dscf0002Dscf0003Dscf0004Dscf0006

2018年3月12日 (月)

絶対に洗っていない

Dscf3757

ダイビング器材オーバーホール

セカンドあけたら砂がすごい!
絶対、洗ってないな(^^;;

...

ベテランダイバーほど器材を大切にしない傾向があるように思います。
自分の器材を購入した時の喜びを思い出して器材を大切にしましょう。

2018年3月 7日 (水)

SAS セカンドのフリーフロー

Dscf3797

ダイビング器材オーバーホール

 ~ SAS

今年も新しいカタログがメーカー各社から続々と届いています。

...

立派なカタログを何冊も送って下さり景気が良さそうなメーカーもあれば、毎年内容が全く変わらず1冊だけ送ってくるメーカーもあります。

やはり景気が良いメーカーさんは営業マンの方が素晴らしく、とても頑張っておられます。
最後はやはり人間力なのかなと感じてしまいます。

さて、SASのセカンド。
こいつは大抵、低圧弁シートが粉々になってフローして入庫してきます。
ウレタンシートのようですが、材質が良くないのでしょうか。シンプルな構造はとてもいいのですが。

2017年12月12日 (火)

SASインフレーター AACS

20171212003

ダイビング器材オーバーオール

SASのAACS

何度もネタで取り上げていますが、このインフレーターはどんなに丁寧に洗っても通常の洗浄では内部の海水をキッチリと洗い落とすことは100%不可能です。
分解してオーバーオールして汚れを落とすしかありませんので、必ず年に1度はオーバーホールしましょう。
メンテナンス不足だとボタンが押されたまま戻らなくなります。

ダイビング器材オーバーホールのことならブルーワールド
http://blueworld.blue.coocan.jp/tableware/index.html

«Bism インフレーター