2017年8月21日 (月)

Bism ピストン交換

Dscf3103Dscf3104

2017年8月12日 (土)

TUSA RS-681

Dscf3142Dscf3143Rs681_mbk

2017年8月 8日 (火)

Bism

Dscf3103Dscf3104

2017年7月27日 (木)

TUSA RS-860

Dscf3050Dscf3046Dscf3047

2017年6月 7日 (水)

BCも定期的にメンテナンスを

2017060700120170607002昨日、山口県も梅雨入りしました。

自分の庭を持つまでは雨が大嫌いでしたが、庭を持ってからは草木に水をやらなくても良いので、雨もたまにはいいか♪と思えるようになりました。

さて、写真はSASとBismのインフレーターです。
どちらもインフレーターを頭上に上げずに手元のボタン操作のみで排気が行えるタイプです。

とても便利なのですが、とにかく部品点数が多く、どんなに丁寧に洗浄しても隅々に海水が残ってしまうのが弱点です。

内部に残った海水が乾いて固着すると各ボタンの動きが悪くなります。
Bismは肩バルブのダイアフラムも定期的に交換しないと、破損して排気が出来なくなります。

レギはオーバーホールに出しても、BCは不具合が出るまでオーバーホールしないという方がなぜか多いですが、BC(特にこの2機種)も定期的にオーバーホールしましょう。

«セカンド横についているノブの役割