« 2017年6月 | トップページ | 2017年8月 »

2017年7月

2017年7月27日 (木)

TUSA RS-860

072700107270020727003

ダイビング器材オーバーホール

TUSA RS-860

日本では販売されていないモデルです。...
1stのヨーク部分とセカンドはSPROのOEMです。

ダイビング器材のオーバーホール専門ブログ
http://blueworld.moe-nifty.com/blue_worl…/maintenance02.html

夏になり急ぎの依頼が増えてきました。
できるだけご希望の納期に間に合うように対応させて頂きますので、お急ぎの方はご相談下さい。

2017年7月17日 (月)

apeks エイペックス

07180010718002

海が無い日はせっせとオーバーホールの毎日です。

今回の写真は apeks

デザイン的に日本人好みではないかもしれませんが、性能は抜群に良いです。...
特にセカンドが良くて、フリーフロー圧をかなり高く設定しても初動抵抗はとても低いままです。
簡単に言うと、とても吸いやすくてフリーフローしにくいレギという事になります。

しかし、パーツが結構高いのがネックで、1stダイアフラムが1,500円、HPバルブが2,700円、この2つだけでも4,200円します。

大切に使って長持ちさせたいですね。

ダイビング器材オーバーオールの事ならブルーワールド
http://blueworld.blue.coocan.jp/tableware/index.html
※一般ダイバー様はもちろん、ショップ様への卸価格もございますので、お問い合わせ下さい。

2017年7月13日 (木)

マレス MR12 ローバー  mares MR12 ROVER

0713

ダイビング器材オーバーオール

暑いです!
山口市内は35℃超!
山口県内でも盆地の山口市内はズバ抜けて暑く、湿度も高いのでムシムシします。...
九州南部は梅雨明けしたらしいので、山口県ももう梅雨明け間近かな?

さて、暑くてもオーバーオールはしなければなりません。
夏が近づくと納期に余裕がない依頼が増えてきます。

写真はマレス。MR12とROVERです。
マレスはチョコチョコとマイナーチェンジしますが、基本的な構造はほとんど変わらずとってもシンプル。

ハイテクなレジェンドと比べると部品点数は半分以下?ではないでしょうか?数えた事ないけど・・・

ダイビング器材オーバーオール専門ブログ
http://blueworld.moe-nifty.com/blue_worl…/maintenance02.html

2017年7月 5日 (水)

Rayson レイソン 全く洗わないとこうなる!

070500107050020705003

ダイビング器材オーバーオール

 ~ 全く洗わないとこうなります

梅雨真っ只中の山口県。今日も朝から時折激しい雨が降り、ジメジメしております。

...

さて、今日の写真はレイソン。
インストラクター様所有の器材で、ほぼ洗わないでずっと使ていらっしゃるとのこと。
イントラ仲間には、毎日のように潜って乾く暇が無いから洗わなくてもいいんだ!っていう人もいます。
しかし、お昼休憩中とか炎天下ではすぐに隙間に残った海水は乾いて潮だけが徐々に徐々に蓄積していきます。

1st内部はダブルダイアフラムで一切海水が入らないはずですが、潮が吹きまくり緑青だらけ、セカンドはダイアフラムにヘドロ?のような物質が付着し、デマンドレバーの付け根やスプリングにも潮が固着し動作不良を起こしています。

自分も含めて忙しい夏は器材の洗浄を怠りがちですが、インストラクターの皆さま、簡単でも構いませんので、潜った後は器材を洗いましょう(^^;;

手入れを怠ると、一番忙しい時に限って器材の不具合が起こるものです(^^;;

ダイビング器材オーバーオールの事ならブルーワールドへ
http://blueworld.blue.coocan.jp/tableware/index.html

2017年7月 3日 (月)

Bism ~ セカンドもしくはオクトからのフリーフロー

001002003004005

ダイビング器材オーバーオール

ジメジメと蒸し暑い山口県。
オーバーオール部屋にはエアコンが無いので、汗ダラダラ流して作業しております。

...

さて、今回のネタはBism。
このネタは何度も取り上げていますが、偶然同じものが続けて入庫してきましたので、再掲載することに。

古いBismの1stピストン(高圧シート一体型)には高圧シート部分の耐久性が低いものがあり、運悪くそれにあたると、1年もせずにシート部分が破損し、1st中圧が異常上昇し、それに伴いセカンド、もしくはオクトパスからフローが起こる場合があります。

Bismをお使いの方で、前回のオーバーオールからほとんど使用していないのに、セカンドからフリーフローする場合はだいたいコレが原因です。

現在は、シート部分の材質が改良された新型ピストンに変更され、余裕で1年もしくは100本以上のダイブには耐えられるようになっています。

Bism製品をオーバーオールに出される場合は、新型のピストンに交換してもらえるかどうか、確認してから出されることをお勧めします。(ショップさんによっては、古いピストンの在庫をもってらっしゃる場合もあるかもしれませんので)

ダイビング器材オーバーオール専門ブログ
http://blueworld.moe-nifty.com/blue_worl…/maintenance02.html
※一般の方はもちろん、ショップ様、カメラマンさんからのご依頼も多く承っております。

« 2017年6月 | トップページ | 2017年8月 »